logo 柳本晶一

イメージ
講師名 柳本晶一(ヤナギモトショウイチ)
肩書き 前バレーボール全日本女子チーム監督
生 年 昭和26年
出身地 大阪府
講演ジャンル バレーボール、人生、夢、挑戦、人材育成、モチベーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「ほめ方の極意」 「ここ一番で力を発揮するには」 「負け負け負けの人生なんて絶対にない」 「力を引き出す―どん底から個人と組織を甦らせる」

◎経 歴

1970年帝人三原に入団。1971年新日鉄に移籍し、2年で下位リーグからの昇格に大いに貢献、数々のタイトルを獲得しポジションはセッターとして活躍。1974年世界選手権に出場し銅メダルを獲得。1976年モントリオール五輪に出場し4位入賞。 監督としても1982年に新日本製鐵をリーグ優勝に導き、1997年から率いたVリーグ女子・東洋紡オーキスは就任2年目で優勝させ、国内初となる男女チームを優勝させた。 2003年バレーボール全日本女子代表監督に就任、当時低迷していた日本女子バレーボール界を復活させ「復活請負人」という異名をとる。2004年2大会ぶりのアテネオリンピックに見事出場をはたし、5位入賞。 2008年の北京オリンピックでも5位入賞。バレーボール全日本女子監督として2大会連続出場に導いた。

◎柳本晶一の著書

※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人生100年の健康づくりの講演

  • 石川顕

    フリーアナウンサー、スポーツ評論家

    「一流スポーツ選手の健康管理法」

  • 桂文喬

    落語家、教育評論家、上方落語協会理事、繁昌亭運営委員、3R推進マイスター(環境省より委託)、大阪府立大学創基130年広報大使

    「笑いと健康、楽しい老後」

  • 昇幹夫

    医師、日本笑い学会副会長、元気で長生き研究所所長

    「元気で長生きPPKのコツ」

  • 清水一郎

    おひさまクリニックセンター北院長

    「いつまでも美しく健康でいるための生活習慣」