logo 鶴岡剣太郎

イメージ
講師名 鶴岡剣太郎(ツルオカケンタロウ)
肩書き スノーボーダー
生 年 昭和49年
出身地 千葉県
講演ジャンル スノーボード、オリンピック、挑戦、目標達成、夢、モチベーション
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

【 講演テーマ 】 「諦めない強さ」 「ありがとう」が原動力

◎経 歴

1974年8月26日生まれ千葉県出身、スキー選手を志し、山形羽黒高校、仙台大学体育学部に進学。 21歳でスキー選手を諦め、スノーボードに出会う。 99年、全日本代表入り。 02年、ソルトレークシティーオリンピック出場条件を満たさず出場落選。一度目標を見失う。 06年、トリノオリンピック出場 11年、ジュニアや社会人に、経験を活かしたスポーツ、スノーボードの指導を始める。 戦績 06年トリノオリンピック出場(アジア人男子初出場) 全日本選手権4度制覇 雪のない千葉に生まれるもハンディーを乗り越える力、諦めない強さ、感謝。 自らがオリンピック出場で経験した、夢を叶える為には何が必要だったのか。 現在はスポーツの素晴らしさや経験を伝えるべく、スポーツ指導や多くの方の夢実現の為に力を注いでいる。

◎鶴岡剣太郎の著書

「それでもあきらめない。ボクがオリンピックに出場できた理由」(カナリア書房)
※ランクA(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人生100年の健康づくりの講演

  • 石川顕

    フリーアナウンサー、スポーツ評論家

    「一流スポーツ選手の健康管理法」

  • 桂文喬

    落語家、教育評論家、上方落語協会理事、繁昌亭運営委員、3R推進マイスター(環境省より委託)、大阪府立大学創基130年広報大使

    「笑いと健康、楽しい老後」

  • 昇幹夫

    医師、日本笑い学会副会長、元気で長生き研究所所長

    「元気で長生きPPKのコツ」

  • 清水一郎

    おひさまクリニックセンター北院長

    「いつまでも美しく健康でいるための生活習慣」