logo 尾木直樹(尾木ママ)

イメージ
講師名 尾木直樹(尾木ママ)(オギナオキ(オギママ))
肩書き 教育評論家、法政大学名誉教授、臨床教育研究所「虹」所長
生 年 1947年
出身地 滋賀県
講演ジャンル 教育、子育て
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「変われるか? 日本の教育」 「いま『開国』の時、ニッポンの教育~競争から共生へ」 「子どもの危機をどう見るか―家庭と学校と地域のつながり―」 「ケータイ・ネット時代と子どもの未来」 「ウェブ汚染社会」 「ゆとり教育の転換がもたらすもの」 「元気がでる子育て論」  「教師のあり方」   「子育ての羅針盤」 「今、求められる学校教育」   「子どもの心と大人の愛」  「みんなでつくろう!子どもが育つ地域社会」  「親だからできる心の教育」 「子どもの危機の現状と教育改革」   「子どもも大人も居心地のよい家庭・地域をめざして」 「教育、21世紀の大学」    「新しい世紀を拓く体験学習」 「子どもたちとの関わり合い方、ふれあい方」 「子どもの姿、保育の心」   「子どもが求める教育改革」 「学校5日制時代の子育てと教育」

◎経 歴

【現在】 法政大学名誉教授 臨床教育研究所「虹」所長 『子育てと教育は愛とロマン』『学校は安心と失敗と成長の砦』が信条です 1947年・滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、22年間子どもを主役とした創造的な教育を展開、その後大学教員に転身して22年、合計44年間教壇に立つ。それらの成果は230冊を超える著書(監修含む)、DVD・ビデオソフト、映画類にまとめられている。 「キレる子現象専門家会議」(東京都)委員、「青少年と放送に関する専門家会合」(郵政省、NHK、民放連)委員、「いじめ防止学習プログラム」開発委員長(新潟県)、「放送分野における青少年とメディア・リテラシーに関する調査研究会」(郵政省)委員、「放送倫理機構(BPO)」(NHK、民放連)の「青少年と放送に関する委員会」副委員長、可児市「いじめ防止専門委員会」特別顧問、「大津市立中学校におけるいじめに関する第三者調査委員会」、「NON-VIOLENCE PROJECTJAPANアンバサダー」、「公益財団法人ベルマーク教育助成財団」理事など歴任。 平成23年度ゆうもあ大賞、第4回ペアレンティングアワード文化人部門(2011年度)、イクメン・オブ・ザ・イヤー2013 イクジイ部門などを受賞。2012年「第63回NHK紅白歌合戦」でゲスト審査員を務める。 2004年に法政大学キャリアデザイン学部教授に就任。2012年4月法政大学教職課程センター長・教授。定年退官後、現在は法政大学名誉教授。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として現場に密着した調査・研究に取り組んでいる。フジテレビ「ホンマでっか!?TV」、Eテレ「ウワサの保護者会」、フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」等の多数の情報・バラエティ・教養番組やCMにも出演しており、「尾木ママ」の愛称で幼児からお年寄りにまで親しまれ、全国各地への講演活動にも精力的に取り組んでいる。 <最近の主な出演番組> NHK教育(Eテレ)「ウワサの保護者会」(土曜 21:30~21:54放送 ※MC) 日本テレビ「シューイチ」(日曜7:30~9:55生放送) 日本テレビ「真相報道バンキシャ!」(日曜18:00~18:55生放送) TBS「あさチャン!」(月~金曜5:25~8:00生放送 ※水曜レギュラー) フジテレビ「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜13:55~15:50生放送) フジテレビ「ホンマでっか!?TV」(水曜21:00~21:54放送) 朝日放送「キャスト」(月~金曜16:50~18:54生放送 ※金曜準レギュラー) <過去の出演番組> TBSテレビ「ひるおび!」(月~金11:00~13:53生放送 2014年3月まで) テレビ朝日「情報満載ライブショーモーニングバード!」(月~金曜8:00~9:55生放送 2015年8月まで) NHKラジオ第一「すっぴん!」(月~金曜8:00~11:50生放送 ) NHKラジオ第一「wktkラヂオ学園」(日曜21:05~24:00生放送 2015年3月まで) TOKYO FM「尾木ママのマンマ・ミーア!」(金曜20:30~20:55放送  2015年9月まで) など多数

◎尾木直樹(尾木ママ)の著書

<主な近著> 『尾木ママ流叱らない子育て』(KADOKAWA 2015年11月) 『尾木ママ流凹まない生き方』(KADOKAWA 2016年5月) 『尾木ママの思春期の「子どもと向き合う」すごいコツ』(講談社文庫 2016年8月) 『しつけない道徳』(主婦と生活社 2016年9月) 『尾木ママの叱らずしつけ21のコツ』(主婦の友社 2016年9月) 『本物の学力・人間力がつく尾木ママ流自然教育論』(山と渓谷社 2016年11月) 『取り残される日本の教育~わが子のために親が知っておくべきこと~』(講談社 2017年1月) 『尾木ママ小学一年生から子育て、学校のお悩み、ぜ~んぶ大丈夫!』(小学館 2017年3月) 『尾木のママで 言わせていただくワ♡」(文藝春秋 2017年8月) 『教育とは何?~日本のエリートはニセモノか~』(中央公論新社 2017年9月) 『尾木ママの孫に愛される方法』(中央公論新社 2018年6月) 『「みんなの学校」から「みんなの社会」へ』(岩波ブックレットNo.997 2019年4月)
※ランクC(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人生100年の健康づくりの講演

  • 石川顕

    フリーアナウンサー、スポーツ評論家

    「一流スポーツ選手の健康管理法」

  • 桂文喬

    落語家、教育評論家、上方落語協会理事、繁昌亭運営委員、3R推進マイスター(環境省より委託)、大阪府立大学創基130年広報大使

    「笑いと健康、楽しい老後」

  • 昇幹夫

    医師、日本笑い学会副会長、元気で長生き研究所所長

    「元気で長生きPPKのコツ」

  • 清水一郎

    おひさまクリニックセンター北院長

    「いつまでも美しく健康でいるための生活習慣」