logo こうぶんこうぞう

イメージ
講師名 こうぶんこうぞう(コウブンコウゾウ)
肩書き 画家・現代アーティスト
生 年 昭和46年
出身地 大阪府
講演ジャンル 教養、教育、人生、文化、人権
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

「セクシャルマイノリティについて」 テレビタレントの影響でセクシャルマイノリティについては、かなり認知されてきたものの、差別や偏見を恐れ事実を隠しながら生活をしている人がまだたくさんいます。私自身も生い立ちやこれまでの人生を包み隠さずお話する事で、セクシャルマイノリティについて少しでも知って頂くきっかけになればと思います。ありのままの自分を愛し、受け入れる事で、得た幸せについても語ります。作品展示も可。 「子どもについて」 最近の子どもはとささやかれますが、実は子どもは何も変わっていません。私達大人に何か問題があるとそれがそのまま、子ども達に現れると思うのです。5年間の学童保育の指導員としての生活や絵画教室で子ども達と接した経験を通し、子どもを描く絵描きの視点で、今大人達に必要なものとは何かを語ります。作品展示も可。 「絵と共に歩んだ人生について」 女性になりたいというよりも、母親になりたいという思いから、ずっと子どもを描き続けてきたこうぶんこうぞう。何の保証も無く厳しい世界だと言われている絵の世界に独学で飛び込んだ。街の似顔絵書きから挿絵画家、そして、20代で百貨店での個展を経験。性同一性障害をカミングアウトした後の電鉄会社からの画集出版など、これまでの波瀾万丈な人生を赤裸々に語ります。作品展示も可。 「問題児と言われた子ども時代について」 まだ性同一性障害という言葉がない時代に子どもだったこうぶんこうぞう。周りの大人からは、異端児として扱われ、学校では問題児として毎日の様に親の呼び出し。大人になって一人の画家として当時を振り返った時、子どもの行動には全て理由があるのでは?と、子どもを分析。子ども達に必要な言葉かけなどを、画家こうぶんこうぞうの人間観察を交えた独自の視点で語ります。作品展示も可。

◎経 歴

主にこどもをモチーフに自分自身や現代社会を表現するアーティスト。 独特の世界観で描かれた子ども達の瞳には、絶えず見るものに訴えかける眼力があるのが特徴。 関西の百貨店(阪急・大丸・京阪)を中心に数十回の個展、4冊の画集を発表。 2009年より現代アートに活動の場を広げ、枠組みに捕われない自由な作風や子どもと現代社会を融合させた世界観が注目を集める。画家、現代アーティストとして個展活動する傍ら、セクシャルマイノリティ・保育経験等からの講演活動、異業種とのコラボレーションや企画参加も行っている。 【経 歴】 1991年:学童保育指導員になる。(作品のために子どもを研究)      ABC朝日放送「ナイトinナイト」に作品と共に出演。 1996年:初個展(画家としてデビュー)      現在まで、大阪のデパートを中心に全国各地での、個展や展示会。 1999年:絵画教室主宰〜2003年まで 2000年:画集「こども」出版。(青幻舎)      テレビ東京「ASAYAN」にて、ニューヨーク大個展入選(インビテーションカードに選ばれる) 2002年:画集「恋文」出版。(阪急電鉄)      阪急電鉄ラガールカードに作品が抜擢される。 2003年:「恋文」の作品が、ジュエリーとなる。1時間のドキュメンタリー番組など。 2009年:村上隆プロデュースGEISAIにて、来場者アンケート1位。      トークショウ・講演活動を本格的に開始。 2010年:東京銀座にて個展「Dress…」を開催。 2011年:ショッピングエンターテイメントチャンネル「QVC」に作品と共にゲスト出演~2012年。      東京早稲田にて個展「Red Child」を開催。 2012年:大阪にて個展「プチヴィーの森」3冊目の画集を発表。      個展模様の動画をYOUTUBEにて配信開始。 2013年:大阪にて個展「feliz coccinell」4冊目の画集を発表。      染業企業とのコラボレーションでテキスタイルデザインを発表~2017年。 2014年:京都にて個展「テキスタイル×現代アート×骨董」 2015年:神戸にて個展「無限のゼロ」 2016年:大阪にて個展「colorful monster」。      プライベートチャンネルをYOUTUBEにて配信開始。 【主な講演先】 大阪市主催(大正区・西区・港区・浪速区の4区合同) 和歌山県紀の川市役所 大阪府教育センター 奈良県御所市教育委員会 東大阪市役所 日本性教育協会 高槻市教育委員会 田尻町教育委員会 宝塚教職員組合女性部 枚方市教育研究会 柏原市教育研究会 その他、各都道府県、教育委員会、学校関係、PTAなど 【主な会場】 枚方市立メセナひらかた会館 柏原市文化センター 田尻町立公民館・大ホール 大阪市西区民センター 大東市立総合文化センター(サーティーホール) 紀の川市役所南館「ホール田園」 ルークホール(四谷、持田製薬本社ビル) 御所市アザレアホール 東大阪市立男女共同参画センター イコーラムホール 粉河ふるさとセンター小ホール 吹田メイシアター 中ホール・大ホール ホテルアウィーナ大阪 河内長野市 ラブリーホール 京都駅ビル室町小路広場特設ステージ&特設展示会場 その他、各都道府県主要文化ホール、学校体育館等 【トークショー】 児童虐待防止啓発イベントin京都(京都府主催)にゲスト出演、山口もえと共演。 神戸ポートピアホテル 自身展覧会ギャラリートーク 関西ワンピース倶楽部定例会にゲスト出演

◎こうぶんこうぞうの著書

画集「こども(青幻舎) 画集「恋文」(阪急電鉄)
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:美しさを磨く

  • 朋原エミ

    美容家、日本美骨筋協会会長、Beautyモデル

    「美骨筋トレーニング アロマを使ったセルフ美骨筋セラピー」「マイナス思考をプラス思考に変えた方法」

  • SHINO

    美腰スタイリスト

    「美腰メイクで腰から美しく」

  • 坂口久美子

    ウォーキングアドバイザー Cs’ walking school 代表

    「美しく歩くワンポイント・レッスン」「美容・健康促進ダイエットセミナー」

  • 山本由樹

    ㈱gift社長、雑誌DRESS編集長

    「美魔女ブームから紐解く現代女性のライフスタイル」