logo 木場弘子

イメージ
講師名 木場弘子(キバヒロコ)
肩書き キャスター、千葉大学客員教授
生 年 昭和39年
出身地 岡山県
講演ジャンル 文化・教養、教育、子育て、自然・環境、タレント、人生、販売・接客、人権、地域活性、ビジネス・就活、夢・挑戦、モチベーション、人材育成、コミュニケーション、安全大会、地域連携、防災
候補に入れる 講演依頼・ご相談

◎演 題

① 【ビジネス研修】 【モチベーション】 「魅力的なコミュニケーションで作るWin-Winな関係!~インタビュー取材を例に~」 ② 【女性活躍】 【人権&ダイバーシティ】 「未来を拓く 主役は私~女性活躍社会実現のために~」   「子連れキャスター走る!」  ③ 【環境・エネルギー】 「子どもたちの未来のために考えたい エネルギーや環境のこと」 「身近に感じるエネルギー・環境問題」 ④ 【教育・子育て・PTA様用】 「のびのび子育てのススメ」 ⑤ 【安全大会】 「ヘルメットキャスター走る!」 ⑥ 【地域連携&防災】 「魅力的なコミュニケーションで築く地域社会との繋がり」

◎経 歴

千葉大学教育学部を卒業後、1987年 TBSにアナウンサーとして入社。 在局中は同局初の女性スポーツキャスターとして、『筑紫哲也ニュース23』など多数のスポーツ番組を担当。1992年 プロ野球・与田剛氏(現・中日監督)との結婚を機にフリーランスに。妻、母、キャスターの三役を こなす存在として、テレビ出演、コメンテーター、モデレーター、講演など多方面で活躍。教育や環境・エネル ギーに関わる活動が多く、エネルギー施設等への取材は50を超え、最もヘルメットを被っている女性キャス ターとして現場主義がモットー。また、各界TOPへのインタビューは300人を超える。2001年より千葉大学 教育学部非常勤講師、千葉県浦安市の教育委員。2006年、千葉大学教育学部初の特命教授。2007年、 洞爺湖サミット・クールアースアンバサダー、同年、第1次安倍政権で規制改革会議、2009年、福田、麻生 政権で教育再生懇談会メンバーとなる。生活者の視点を大切に現在、7つの省庁で審議会のメンバーを務め、今年2月に文部科学省の「中央教育審議会」のメンバーに。6月には国際石油開発帝石株式会社の社外監査役に就任。「予防医学指導士」の資格を持つ。2013年より千葉大学客員教授。日本港湾協会理事。 <審議会等メンバー>【今年度】 文部科学省    「中央教育審議会」 厚生労働省    「医道審議会 医道分科会」 海上保安庁    海上保安庁政策アドバイザー 経済産業省    「産業構造審議会 地球環境小委員会自動車・自動車部品・自動車車体WG」 資源エネルギー庁  「総合資源エネルギー調査会」省エネ分科会省エネルギー小委員会            「省エネルギー小委員会工場等判断基準WG」 環境省       「低炭素社会に向けた地球温暖化防止国民運動事業推進委員会」            「NPO・NGO等の民間団体とメディアとの連携支援事業」 国土交通省    「交通政策審議会 港湾分科会」 「国土審議会」正委員―「豪雪地帯対策分科会」「水資源分科会」 「地球温暖化防止に貢献するブルーカーボンの役割に関する検討会」 <資格> 小学校教員普通1級免許  <趣味> ZUMBA(ダンス)、GOLF、愛犬ロッキーとの散歩

◎木場弘子の著書

「子連れキャスター走る!」(中央公論新社)
※その他(A50万円まで、B100万円まで、C101万円以上、Dご相談、交通費滞在費等別)

Special Contents 特集:人生100年の健康づくりの講演

  • 石川顕

    フリーアナウンサー、スポーツ評論家

    「一流スポーツ選手の健康管理法」

  • 桂文喬

    落語家、教育評論家、上方落語協会理事、繁昌亭運営委員、3R推進マイスター(環境省より委託)、大阪府立大学創基130年広報大使

    「笑いと健康、楽しい老後」

  • 昇幹夫

    医師、日本笑い学会副会長、元気で長生き研究所所長

    「元気で長生きPPKのコツ」

  • 清水一郎

    おひさまクリニックセンター北院長

    「いつまでも美しく健康でいるための生活習慣」